FC2ブログ
はじめまして、こんにちは

当ブログにお越しいただきありがとうございます

頑張って更新しますので、ちょこちょこお越しいただければ幸いです^^


今日は先日研いだ裁ち鋏(たちばさみ)を紹介します
洋裁鋏やラッシャ鋏など呼び方は様々です

00

ネジを外した状態で、砥ぎ前です

ご覧の通りサビが深く、見えづらいかもしれませんが所々刃こぼれが見受けられます

裁ち鋏の本来の使い方はもちろん生地を切るようにできておりますが

切れ味の良さ、頑丈さから色々な場所で活躍します

ですが、生地以外の物を切ってしまうと、生地が切れなくなってしまいます

生地を切るためにお使いでしたら「一回だけだから」「ちょっとだから」

という軽い気持ちで生地以外のものにお使いにならないことをお勧めします

もしお使いになる場合は、生地以外専用にしてくださいね


000


研ぎ上がり

裁ち鋏の砥ぎで最も重要なのは裏鋤(うらすき)だと思います

いくら刃先を研いでも切れるようにはなりません

また別の機会に紹介したいとおもいますが、裏鋤は砥石だけではかなり難しいとおもいます

出来ないと言っても過言ではないでしょう

専用のグラインダで角度をださないといけないのです


そして合わせ

鋏は2つの刃が重なることで切れるようになりますので

歪みなどがある場合はそちらも修正します



研ぎ終わったあとにネジをしめて「シャッ、シャッ」という良い音を聞くと

また新しい命が吹き込まれた気がして、とても気持ちがいいんですよ


もう使えないかな?と思っている鋏などありましたら一度見せてください

意外と古い鋏は良い鋼をつかってますので、また使えるようになるかもしれませんよ
スポンサーサイト