FC2ブログ
2013.04.18 増太郎26cm
なかなか更新は頻繁に出来ませんが、コメントやメッセージを頂くと
ご覧になってくださる方がいるんだな~と嬉しくも励みにもなります

さていつものように研ぎの紹介になりますが
錆びの深い裁ちばさみです
お裁縫箱にしまっているとのことですが、ちょっと錆び過ぎですね


買った方が安いかしら?とお客様
これは増太郎なので研げばまたお使い出来ますよと私

研いだほうがいいのか、新しいのを買った方がいいのか
研ぎにお持ちくださるお客様は少なからず悩んでいると思うんです

新品と研ぎのお値段を比べてからご決断頂ければよろしいかと思います



ね、ここまで綺麗になるんですよ
切れ味は保証します
鋏の場合は切る生地によって多少切れないなどがあると思いますので
研ぎにお持ちの際に一緒に生地もお持ちいただければそれに合わせますよ

お気軽にご相談ください
スポンサーサイト



2012.09.06 刈込み鋏
かなり久しぶりの更新になります。

最近iPod touchを手に入れたのでボチボチ更新しやすくなったと思います

それにしてもスマートフォンというか、iPod touchやタブレットは便利ですね。

機能や使い勝手を考えるとパソコンいらないと思えるぐらいです

さて本題の刈込み鋏ですがなかなか手強かったです



写真のとおり刃が開いてるのが分かりますか?
これは少し太い枝を無理に切ろうとしたためにこうなってしまったと思われます

刈込みにはやや多めに見られることなのですが、さびも深く入ってたので治すために叩いたら折れてしまうのではないか心配でした




折れることなく無事に研ぎ上がりました

倉庫や物置にねむっている刈込みなども綺麗に、切れるように直します
是非お持ちください

それではこの辺で失礼します
2010.07.21 手強い鋏
あまりの暑さに溶けそうですね。

熱中症対策は万全ですか?


今日は裁ち鋏の砥ぎを紹介します


お預かり時お預かり時


見ていただいた通り完全に壊れてますね


お客様が研いだわけではなく、近所の床屋さんに研いでいただいたようなのですが

散髪鋏裁ち鋏の研ぎ方はちょっと違うんですよね

説明が難しいので割愛させていただきますが、鋏は裏鋤がとっても重要ということです

下手にいじってしまうと、まったく切れなくなってしまうのでご注意ください^^

ちょっとと研いでる様を~(ブログ用に写真とりましたw
研いでます


完全防備ですw

一度火花が目に刺さってしまい、かなり痛い思いをしたので臆病になってますw


ガタガタだったのでかなり時間がかかりましたがなんとか砥ぎが終わりました^^

仕上がり仕上がり


ここまで綺麗になりました^^

鋏は2枚の刃が重なって切れる物なので、とっても敏感なんです

砥ぎに出される時は信頼できる砥ぎ屋さんにだしてくださいね^^


それではこの辺で失礼いたしますm(_ _)m
はじめまして、こんにちは

当ブログにお越しいただきありがとうございます

頑張って更新しますので、ちょこちょこお越しいただければ幸いです^^


今日は先日研いだ裁ち鋏(たちばさみ)を紹介します
洋裁鋏やラッシャ鋏など呼び方は様々です

00

ネジを外した状態で、砥ぎ前です

ご覧の通りサビが深く、見えづらいかもしれませんが所々刃こぼれが見受けられます

裁ち鋏の本来の使い方はもちろん生地を切るようにできておりますが

切れ味の良さ、頑丈さから色々な場所で活躍します

ですが、生地以外の物を切ってしまうと、生地が切れなくなってしまいます

生地を切るためにお使いでしたら「一回だけだから」「ちょっとだから」

という軽い気持ちで生地以外のものにお使いにならないことをお勧めします

もしお使いになる場合は、生地以外専用にしてくださいね


000


研ぎ上がり

裁ち鋏の砥ぎで最も重要なのは裏鋤(うらすき)だと思います

いくら刃先を研いでも切れるようにはなりません

また別の機会に紹介したいとおもいますが、裏鋤は砥石だけではかなり難しいとおもいます

出来ないと言っても過言ではないでしょう

専用のグラインダで角度をださないといけないのです


そして合わせ

鋏は2つの刃が重なることで切れるようになりますので

歪みなどがある場合はそちらも修正します



研ぎ終わったあとにネジをしめて「シャッ、シャッ」という良い音を聞くと

また新しい命が吹き込まれた気がして、とても気持ちがいいんですよ


もう使えないかな?と思っている鋏などありましたら一度見せてください

意外と古い鋏は良い鋼をつかってますので、また使えるようになるかもしれませんよ